ごあいさつ

NO IMAGE

東京大学医学部附属病院は国立大学法人病院、特定機能病院として多分野にわたる高度な先端医療を提供していますが、その中の1つに臓器移植があります。歴史的には、当院では国内施設としては最も早く1964年に腎移植を開始し、1996年に生体肝移植、2006年に心移植、そして2015年には肺移植を開始しました。平成31年度(令和元年度)には移植を行った患者さんの総数は国公立大学病院の中では最も多く(心・肺・肝の合計)、今後さらに移植数は増加が見込まれます。

移植が唯一の治療手段である患者さんを助けるため、また貴重なドナー提供の意思を尊重するため、何時に臓器提供があっても迅速に各臓器移植チームおよび手術部・麻酔科・集中治療スタッフとの連携を行い、時には2臓器以上の移植を同時並行で円滑に行うことを目的として、令和2年度に臓器移植医療センターが発足いたしました。本センターは4臓器(心・肺・肝・腎)の移植医療を担当します。1名の専任教員、および各臓器移植を担当する診療科(心臓外科・移植外科・呼吸器外科・泌尿器科など)のメンバーが所属しています。また、支援部門としてレシピエント(移植を受ける患者さん)コーディネーターを務める看護師が所属しています。

当センターは移植医療の臨床を主に担当していますが、各臓器担当科では大学附属病院の教員でもある医師と大学院生が研究を行い、国内外での高い評価を得るとともに移植治療の成績に寄与しています。また、移植医療のさらなる普及のために、前身の臓器移植医療部の時代から医師・医療スタッフ・医学生を対象とした移植医療シンポジウムを開催しております。

臓器移植を必要とする患者さんの数は非常に多く、わが国でも脳死ドナーによる臓器提供数の増加とともに、移植医療をさらに推進する必要があります。今後さらにセンターではよりよい治療を多くの方にご提供できるよう努力したいと思います。

東京大学医学部附属病院

臓器移植医療センター センター長

中島淳